FAXでのご注文も承ります

TEL 0241-22-0379 / FAX 0241-22-0330

 

×

CATEGORY

【当店一押しの培養土】

■有機栽培培養土40ℓ
★有機JAS適合品

 


■一発肥料各種



 

 

CATEGORY

Adobe_Reader


 

サカタ液肥GB

 サカタ液肥GB

 

■たまねぎ名人(マルチ)


■玉ねぎ竹炭


■ホウ酸塩肥料48


 

■有機栽培培養土40ℓ
★有機JAS適合品


■捕虫シート「ラスボスRタイプ」



■農地用トイレ「アグリレット」

2019年より新仕様となり新発売!

 

■注目の品種


■タキイのこだわり法蓮草シリーズ!



 

 ■園研で注目のミニトマト
『べにすずめ』


 『かむり』

■赤ちゃんのほっぺのようなミニトマトに待望のグリーン登場!
「CFプチぷよグリーン」


 

■例年品薄の香り枝豆
茶豆風味の旨い豆「陽恵(ようけい)」





■ウエルカムATアスパラ
二年目から太くよく揃う全雄系品種(数量限定品種)





 


紫白菜のレシピ

 紫奏子

 


ファイトリッチについて

ファイトリッチ

CONTENTS



野菜の栄養価とプチ情報です

§.野菜について知ろう!

§.野菜の栄養を知ろう!

§.野菜の作り方を知ろう!

§.野菜を使ったレシピ特集

JUNIOR野菜ソムリエ

日本野菜ソムリエ協会         会員ID:0800787


 
社団法人 日本種苗協会


 
HOME»  野菜タネ (果菜類)»  トマト»  【トマト種子】 みかと協和  ひなた  ★新タネは種子切替えの1月以降のお届けを予定

【トマト種子】 みかと協和  ひなた  ★新タネは種子切替えの1月以降のお届けを予定

裂果が少なく食味の良い夏秋・抑制栽培向け品種!

★メーカー直送となる場合がございますので代引き以外の決済方法にてお願いいたします。
★新タネは種子切替えの3月以降のお届けを予定


 

  • 【トマト種子】 みかと協和  ひなた  ★新タネは種子切替えの1月以降のお届けを予定

  • 販売価格

    495円(税込) 27,676円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 在庫

    在庫あり

  • 規格容量

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 【特性】
    1.草姿
    草勢はおとなしめ、小葉で過繁茂になりにくい。
    節間は短く、栽培管理が容易。
    早生で、開花・着色ともに進みが早い。
    1花房あたり花数は6~8花となり、着果性が良い。
    2.果実
    濃桃色の豊円形となり、花落ちが小さく、外観が美しい。
    果実の大きさは200~220gとなる。
    裂果や奇形果の発生が少なく、果実の揃いが良いため、秀品率が高い。
    子室数は6~8程度となる。空洞果の発生が少ない。
    果実は硬く、棚持ちも良い。
    食味は甘味が強く、酸味とのバランスが良い。コクもありおいしい。
    3.耐病性
    トマトモザイクウイルス(Tm-2a)、萎凋病レース1およびレース2、半身萎凋病、葉かび病(Cf9)に耐病性強。斑点病、ネコブセンチュウに耐病性中程度。青枯病に比較的強い。


    【栽培のポイント】
    草勢がやや大人しく早生であるため、着果負担による草勢低下に注意する。
    やや若苗定植をしてスムーズな活着で初期生育を促す。
    通常より早めの2~2.5段花房開花で初期追肥をする。(通常の3段開花時では遅いので注意)
    草勢維持のため、低段1~3段は合計で10果程度に摘果することが望ましい。
    全栽培期間のこまめな追肥と潅水で草勢を維持。
    着果負担や温度環境で欠乏症が出る場合があるので、カリウムやマグネシウムを適宜、葉面散布する。

    1.播種・育苗
    極度な潅水などは避け、細やかな管理を行う。鉢上げの際は10.5cm以上のポットを使用する。苗ずらしは葉が重ならないように適宜行う。低段の着果節位が決まる時期であるため、定植まで徐々に温度を下げ、順化させる。
    2.圃場準備
    事前に圃場の土壌診断を行い、適正な施肥設計を行う。土壌条件や残肥の量により異なるが、元肥量の目安は窒素成分で10aあたり12~13kg、リン酸15~20kg、カリ15~20kgとする。草勢のバランスを良くするために緩効性肥料や有機質肥料の使用が望ましい。
    3.定植・栽培管理
    定植は第一花房第一花の開花前から開花始めを目安に行い、セル苗定植など極端な若苗定植は避ける。また、スムーズな活着のために老化苗にならないようにする。
    定植後の潅水は最低限に控え、2段花房開花頃までは花質が悪化しない程度に少量多回数の潅水に留める。
    本品種は草勢がおとなしめで、着果性が良く、早生で花の展開も早いので、本格的な潅水は一般品種よりも早く、2~2.5段花房開花後に始める。
    後半の草勢を維持するために、第一花房から第三花房までの果実を10果以内に摘果する。
    低段花房はホルモン処理などによって確実に着果させる。
    追肥は草勢を見ながら行う。目安として、10日間隔で、1回10a当たり窒素成分で1~1.5kgとする。一度草勢が落ちてしまうと回復に時間がかかるので、早めの追肥を心がける。
    4.病害虫防除
    黄化葉巻病、黄化えそ病、キュウリモザイクウイルスには耐病性を持たないので、コナジラミ、アザミウマやアブラムシなどの防除を徹底する。
    葉かび病の耐病性はCf9であるが、それを侵す新しいレースが発生しているので、防除を行う。
    青枯病の汚染圃場では「足じまんSS」を、褐色根腐病対策および、草勢の維持には「足じまんZ」を台木に用いて接木栽培をする。








     

  • 【 種子ご購入時の注意点と納期について 】 
    ■送料について
    ★送料は「お買い物ガイド」をご参照いただきますようお願いいたします。
    ※軽量種子は全て日本郵便(ポスト投函)での発送を基本とします。
    ※自動車便ご希望の場合は別途送料を計上させていただきますのでご了承くださいませ。
    ※送料無料対象外商品は商品説明中に記載

    ■発送方法
    ★軽量種子なら日本郵便(ポスト投函)にて発送
    ※発送方法は当店判断において決定いたします。

    ■商品は当店若しくは、メーカーからの発送となります。

    ■代引決済に関するご注意
    ★複数のお買い物の場合は納期により当店からの最終発送商品にてお手続きのほどお願いいたします。
        メーカーからのお届け商品のみで「代引不可」となっている商品はそれ以外の決済方法をご選択くださいませ。(各規格容量に記載)
    ※代引き選択をされた場合はお振込みに変更をさせていただきますのでご了承くださいませ。

    ■新タネの入れ替え後の発送時期は以下の通り当店並びに、メーカーより整い次第の発送となりますので予めご了承くださいませ。
        ★春季新タネ入替時期:品種により10月~3月切替え → 11~3月以降の発送を予定
        ※品種品目により異なりますが、大幅に発送が遅れる際は、受注後改めてご連絡をさせていただきます。
         
    ■種子の販売期間は以下の通り、品種により新タネ切替え後から1年間播種可能期間を基本としております。
        ★9月以降の冬春用種子のご注文について
        新タネ切り替え後のお届けとし、ご予約扱いとして承らせていただきます。
        ただし、抑制栽培などで現行販売種子(在庫品)をご希望の場合は、お手数ながら「ご購入者アンケート」の
      ③即納出来ないものは入荷準備次第のお届け希望とご回答をいただきますようお願いいたします。

    ■必須:ご購入者アンケート(納期について)回答願います
    ※種子の納期について以下の要望にて対応させていただきます
        ①次季 新タネ切替え後のお届け希望
        ②即納希望(現行在庫種子があれば在庫種子にてお届け希望)
        ③即納出来ないものは入荷準備次第のお届け希望
        ④全商品入荷準備次第、一括発送を希望
        ⑤選択の週より順次発送 ※苗物の場合はこちらをお選びください。
        ⑥該当なし ※資材系統の場合はこちらをお選び下さい。

     

関連商品

清水屋種苗園藝