FAXでのご注文も承ります

TEL 0241-22-0379 / FAX 0241-22-0330

 

×

CATEGORY

【当店一押しの培養土】

■有機栽培培養土40ℓ
★有機JAS適合品

 


■一発肥料各種



 

 

CATEGORY

Adobe_Reader


 

サカタ液肥GB

 サカタ液肥GB

 

■たまねぎ名人(マルチ)


■玉ねぎ竹炭


■ホウ酸塩肥料48


 

■有機栽培培養土40ℓ
★有機JAS適合品


■捕虫シート「ラスボスRタイプ」



■農地用トイレ「アグリレット」

2019年より新仕様となり新発売!

 

■注目の品種


■タキイのこだわり法蓮草シリーズ!



 

 ■園研で注目のミニトマト
『べにすずめ』


 『かむり』

■赤ちゃんのほっぺのようなミニトマトに待望のグリーン登場!
「CFプチぷよグリーン」


 

■例年品薄の香り枝豆
茶豆風味の旨い豆「陽恵(ようけい)」





■ウエルカムATアスパラ
二年目から太くよく揃う全雄系品種(数量限定品種)





 


紫白菜のレシピ

 紫奏子

 


ファイトリッチについて

ファイトリッチ

CONTENTS



野菜の栄養価とプチ情報です

§.野菜について知ろう!

§.野菜の栄養を知ろう!

§.野菜の作り方を知ろう!

§.野菜を使ったレシピ特集

JUNIOR野菜ソムリエ

日本野菜ソムリエ協会         会員ID:0800787


 
社団法人 日本種苗協会


 
HOME»  資材»  【菌体肥料】 サカタのタネ 高機能微生物肥料 「プレミアムバイオエース」 15㎏ 有機JAS対応商品 ★メーカー直送送料含む

【菌体肥料】 サカタのタネ 高機能微生物肥料 「プレミアムバイオエース」 15㎏ 有機JAS対応商品 ★メーカー直送送料含む

特許取得済の有効微生物の働きにより、極めて高い土壌改良効果を発揮する高機能微生物肥料!
ニーム核油粕を追加してさらに進化!

★有機JAS対応商品



【送料について】 ※送料無料対象外商品
■プレミアムバイオエース 15㎏/袋
※メーカー直送となります
※送料含む



「バイオエース」は、原料にブロイラーに比べ抗生物質の投与が極めて少ない国産採卵鶏の鶏ふんと、植物質有機物として農薬や防腐剤を使用していない国産杉材のおがくずを使用しており、JAS法による有機農産物生産※3に使用可能な微生物肥料です。
くわえて、2003年に農林水産省が発表した特別栽培農産物の新ガイドライにも準拠した有機対応資材となっています。

 

  • 【菌体肥料】 サカタのタネ 高機能微生物肥料 「プレミアムバイオエース」 15㎏ 有機JAS対応商品 ★メーカー直送送料含む

  • 販売価格

    4,598円(税込) 5,610円(税込)

  • ポイント還元1%
  • オープン価格

  • 在庫

    在庫あり

  • お届先地域

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 『プレミアムバイオエース』は、従来の「バイテクバイオエース」に、新たにニーム核油かすを配合しました。
    土壌の病原菌抑制や有機物を分解する能力をもつ「放線菌」の増殖に寄与し、より高い土壌改良効果を発揮するため、株張りや肥料吸収が向上します。

    ニームとは、おもにインドや東南アジアで栽培されている薬木(インドセンダン)の名称で、現地では化粧品や家畜の飼料、土壌改良材として日常的に生活のなかで広く使われています。
    ニーム核油かすはその種子の核から油を圧搾した残渣(ざんさ)です。ニーム核油かすは、特殊肥料、堆肥の材料としての使用が農林水産省によって認められており、JAS法による有機農産物生産に使用することができます。

    くわえて、『プレミアムバイオエース』に配合されるニーム核油かすは、世界で最も厳しいとされるEUの有機農産物生産に適合したトレーサビリティのとれた高品質インド産を採用しており、採卵鶏の鶏ふん、国産杉材のおがくずとあわせてすべてが安全性の高い原料となっています。
     
    『プレミアムバイオエース』の土壌改良効果のさらなるポイントは、最適化されたC/N比にあります。C/N比とは、有機物などに含まれている炭素(Carbon)量と窒素(Nitrogen)量の比率(質量比)で、堆肥における最適な数値は20(炭素20:窒素1)とされています。
    『プレミアムバイオエース』は、その最適値に近い21.2のC/N比となっており、施用することで作物が最も能力を発揮する土壌C/N比10~15を実現します。


    ■以下はバイテクバイオーエースの資料より



  • ※土壌の状況により、まれにミツバチや生物農薬に影響が出る場合があります。

    ※未熟堆肥やほかの有機物と併用する場合に二次発酵のおそれがあります。
    土と混和したあと、冬期は20~30日、そのほかの期間は10~15日程度おいて、十分なじませてから植えつけ、タネまきを行ってください。




     

関連商品

清水屋種苗園藝