FAXでのご注文も承ります

TEL 0241-22-0379 / FAX 0241-22-0330

 

×

CATEGORY

■赤ちゃんのほっぺのようなミニトマトに待望のグリーン登場!
「CFプチぷよグリーン」




 

CATEGORY

Adobe_Reader


 

■注目の品種

■赤ちゃんのほっぺのようなミニトマトに待望のグリーン登場!
「CFプチぷよグリーン」




■タキイのこだわり法蓮草シリーズ!




■ころころラディッシュミックス
色鮮やかな三色ミックスの二十日大根!





■作りやすいミニの赤大根!
三季楽しめる!



 

■『メイクスイーツ』ミニトマトシリーズ2019年新発売!




 ■人気のミニトマト『べにすずめ』


 

■待望の大豆「シュウリュウ」
ダイズモザイクウイルスと倒伏に強い!



■例年品薄の香り枝豆
茶豆風味の旨い豆「陽恵(ようけい)」




■ウエルカムATアスパラ
二年目から太くよく揃う全雄系品種(数量限定品種)





 

★ゲリラ豪雨時の酸素供給資材
「オキソダッシュ1」


「オキソパワー5」


■捕虫シート「ラスボスRタイプ」



■農地用トイレ「アグリレット」

2019年より新仕様となり新発売!

 

サカタ液肥GB

 サカタ液肥GB

 


ファイトリッチについて

ファイトリッチ


紫白菜のレシピ

 紫奏子

 

CONTENTS



野菜の栄養価とプチ情報です

§.野菜について知ろう!

§.野菜の栄養を知ろう!

§.野菜の作り方を知ろう!

§.野菜を使ったレシピ特集

JUNIOR野菜ソムリエ

日本野菜ソムリエ協会         会員ID:0800787


 
社団法人 日本種苗協会


 
HOME»  牧草・飼料・緑肥・景観作物»  【インターミディエイトグラス種子】 タキイ種苗 西洋芝 サツキワセ PVP登録品種 ★新タネ8月以降のお届け予定 ★メーカー直送につき代引き不可

【インターミディエイトグラス種子】 タキイ種苗 西洋芝 サツキワセ PVP登録品種 ★新タネ8月以降のお届け予定 ★メーカー直送につき代引き不可

ウインターオーバーシードでお庭の衣替え!秋まき専用西洋芝!冬のお庭が青々とした緑に!


【本種は登録品種(PVP:Plant Variety Protection)です】
■品種登録番号:第16166号
■登録品種名:サツキワセ
■育成者権者:タキイ種苗株式会社
■海外持出禁止(農林水産大臣公示有)

本種は登録品種(PVP)です。
つきましては、種苗を育成者の許諾なく業として増殖、譲渡、輸出入する行為は損害賠償、刑事罰の対象となる場合がございます。
ご購入の際は青果栽培を目的としてのみ販売をさせていただいておりすので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚、ご購入の折はその旨をご承諾の上でのご購入とさせていただいておりますので、ご注文ご案内をもってご承諾書にかえさせていただきます。



 
★種子はご注文のタイミングにより、新タネ切替え後の8月以降のお届けとして承っております。
★播種時期前で即納を希望される場合は、入荷・出荷時期をメーカー確認の上でご連絡させていただきますので
 予めご了承くださいませ。


【ご購入にあたり以下を一読下さい】
★ご購入の際は、地域特性・播種量をご確認の上でお願いいたします。
 
★本商品はメーカーからのからの直送手配商品となる場合もございますので以下の点にご注意ください。
 
 ・流動の激しい商品につき、「在庫あり」表記でもメーカー品切の場合もございますのでご了承ください。
  ※メーカー品切れの際は当方よりご連絡差し上げます。
 
 ・メーカー直送での手配となる場合もございますので代金引換以外の決済方法を選択して下さいませ。
  ※万が一代金引換を選択されてのご注文の場合は銀行・郵便振替に変更させていただきます。

  • 【インターミディエイトグラス種子】 タキイ種苗 西洋芝 サツキワセ PVP登録品種 ★新タネ8月以降のお届け予定 ★メーカー直送につき代引き不可

  • 販売価格

    1,595円(税込) 28,710円(税込)

  • ポイント還元1%
  • オープン価格

  • 在庫

    在庫あり

  • 規格数量

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 【特性】

    ●ペレニアルライグラスとイタリアンライグラスとの交配品種。
    ●日本芝(ノシバ・コウライシバ)、バミューダグラス(ティフトン、リビエラ等)へのウィンターオーバーシード専用品種。
    ●ウィンターオーバーシード用のインターメディエイトライグラスとして国内で育成された初めての品種。
    ●従来品種より春の移行がきわめてスムースで、移行期間中の刈り草の量は少ない。
    ●関東以西の一般平坦地において、平年では5月より移行が始まり、6月にはほぼ完了する。
    ※その年の気候(日照・気温・降水量など)によっては移行時期がずれることがあります。
    ●葉色は濃く、冬期の緑度保持も抜群。
    ●葉が細く、アップライトなので、ベース芝の春の萌芽を妨げない。



    【インターメディエイトライグラスとは】
    ペレニアルライグラスとイタリアンライグラスの交配種です。
    前者の「優れた芝質、環境ストレス耐性及び分けつ力の良さ」、後者の「生育の早さ及び春の移行のスムースさ」、というそれぞれの長所を併せもった草種です。

    【ウインターオーバーシーディング】
    冬期休眠し地上部が茶褐色となるベース芝(暖地型芝)の上に寒地型芝草を播種し、冬期も緑の状態で利用することを狙います。

    ゴルフ場や競技場など冬期もプレーされる場合、休眠中のベース芝(暖地型芝)にダメージを与え、翌春の萌芽、生育に影響の出るおそれがあります。
    ダメージを少なくするため、クッションとなる寒地型芝を生育させベース芝(暖地型芝)を保護します。
    利用する寒地型芝は発芽・初期生育が早く、ベース芝(暖地型芝)への移行(トランジション)がスムース(耐暑性がない)な草種・品種を選びます。
     
  • 【施工事例】

    ティー(大阪府)
    (2008年5月21日撮影)
    ベース芝:コウライシバ
    手前ティー部分(オーバーシードあり)と奥フェアウェイ部分(なし)の比較


    陸上競技場(川崎市)(2008年7月11日撮影)
    播種:2007年9月20日
    ベース芝:ティフトン
    従来のペレニアルライグラスに比べ、サツキワセは移行が早く、それに係る作業の軽減が図れる。


    学校校庭芝生(京都市)(2006年11月17日撮影)
    播種:2006年10月上旬
    ベース芝:バミューダグラス「リビエラ」
    播種後約1ヶ月半後の様子。しっかり密度及び緑度を保持している。



    ドレッサーによる覆土作業

    【栽培のポイント】
    1. 播種前の準備
    ●ベース芝(暖地型芝)にコアリングまたはバーチカルモアをかけ、古い葉やサッチを除去する。
    ●ベース芝(暖地型芝)を10~15mm程度の刈り高で刈り込む。
    2. 播種
    ●サツキワセを均一に播種し、ブラシなどで種子をすり込み、目土を散布する(2~3mm厚)。その後もう一度ブラシをかけると種子が定着しやすい。

    ■ウインターオーバーシーディングの適期
    場 所播種適期
    仙 台8月10日~9月5日
    東 京9月1日~20日
    大 阪9月5日~25日
    福 岡9月5日~25日
    鹿児島9月10日~10月5日
    ※その年の気候によって播種適期はずれることがあります。

    3. 施肥
    ●N:P:K=10:10:10などの化成肥料で30g/m2を基準とし、発芽後2週間目より施肥を行う。
    ●冬期に葉色を比較適濃く保つため、12月、1月にも速効性化成肥料を施す。
    4. ベース芝(暖地型芝)への移行
    ●コウライシバでは3月下旬頃、ティフトンでは4月下旬頃より、徐々に刈り高を低くしてサツキワセの衰退を促す。また、地表面に太陽光を通して地温を上げることで、ベース芝(暖地型芝)の生育を促進する。
    ※コウライシバでは低刈りをすることによって効率的なトランジションが期待できます。
    【播種量】
    1. ゴルフ場
    ティー:80~100g/m2
    フェアウェイ:20~50g/m2
    グリーン:150~170g/m2
    2. 公園・多目的広場・競技場
    30~50g/m2
    3. 家庭用日本芝
    30~50g/m2



関連商品

清水屋種苗園藝