FAXでのご注文も承ります

TEL 0241-22-0379 / FAX 0241-22-0330

 

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

ファイトリッチについて

ファイトリッチ

紫白菜のレシピ

 紫奏子

mont-bell フィールドウエア

 mont-bell

サカタ液肥GB

 サカタ液肥GB

☆『プチぷよ』ミニトマトの栽培について

今や皆様に大変ご好評をいただいております「赤ちゃんのほっぺのよう」なミニトマト「プチぷよ」。

その栽培のポイントを作型別に解説。また、病害虫防除と青果物の包装のポイントを解説。

※資料提供「発売メーカー:渡辺採種場」

野菜の栄養価とプチ情報です

§.野菜について知ろう!

§.野菜の栄養を知ろう!

§.野菜の作り方を知ろう!

§.野菜を使ったレシピ特集

JUNIOR野菜ソムリエ

日本野菜ソムリエ協会         会員ID:0800787

喜多方のライブカメラ

ライブカメラ 園内をライブ中継 クリック

喜多方の商店街の様子がライブカメラで確認できます


 
社団法人 日本種苗協会

注目の販売新発売品種

■リーキ『メガトン』『ロングトン』2017年春からのお届け

花の種まきを始めてみよう

庭やベランダで園芸を楽しみたいけれど、「種から花を咲かせるのは難しそう」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
花の種から育てるには、植え方や育て方に気をつけなければいけませんが、立派に成長していく姿を見るのは何ともいえない感動を覚えるはずです。こちらでは、基本的な種まきのポイントについてご紹介します。

種まきの時期

花の種類によって発芽適温は異なりますが、種をまく時期は、発芽適温に合わせる必要があります。
発芽適温よりも低い温度では芽が出ないケースが多いですが、少々温度が高い状態なら発芽しやすいでしょう。
種まきの時期として、主に春まきと秋まきがあります。

春は比較的発芽適温時期が長く、梅雨明けまで可能です。苗を育てやすいので、初心者の方は春まきから始めてみるといいでしょう。反対に秋まきの場合、発芽適温時期は短く、早すぎると暑さに耐えられず、少しでも遅れてしまうと寒さで発芽しにくくなることがあります。

種のまき方

花の種のまき方は種の大きさによって異なります。ひまわりや朝顔など大粒の種は、一定の間隔でくぼみを作り、そのくぼみに種をまいていく点まきという方法が適しています。小粒から中粒ぐらいの大きさの種は、土に作った溝の中に種をまいていく筋まきをします。
そして、細粒の種は、土の上からまんべんなく種をまいていくばらまきという方法を用います。
かぶせる土の量は、大粒では種の3倍ぐらい、中粒の種は2倍、細粒にはかぶせません。

種をまく場所

一般的に行われているのは、床まきや箱まきという方法です。種まき用の床や平鉢などに種をまき、発芽したらポリポットや鉢に移植する方法です。また、花壇やプランターなど、花を育てる場所に直接種をまく直まきという方法がありますが、こちらは、移植を苦手としている種類に適しています。発芽しやすい花も、直まきして後で間引きをすると手間がかかりません。
ポリポットまきも移植が苦手な花に向いています。発芽後も追肥して育て、育ったところで移植します。

園芸に興味をお持ちでしたら、さっそくチャレンジしてみませんか。
当店では、通販にて 花の種を販売しています。街で見かける人気の花の種も多数取り扱っていますので、ぜひご利用ください。